資源文化
トンパ紙 原始及び古老のトンパ象形文字の書写担体

トンパ紙手作業工房の「トンパ紙」、即ちトンパ文字が書かれた紙である。トンパ紙は現代人が了解している現代色を持っている紙ではなく、原始しかも古老なナシトンパ象形文字の書写担体である。 「トンパ紙」は単純に手作りの工芸製品で、使用しているツールは古老でしかも簡単、工芸が複雑、その秘密な製作工芸はすべて先人代々受け継がれてきたもので、今までは十四年の歴史を持っている。
トンパ紙トンパ紙の色は象牙色で、虫食い防止、さっぱりの匂い、墨水の吸収力が強く、変色難く、保存年代が長くほど、その古い香りの色がより醇厚になった。トンパ紙は人体に対し、神経を鎮め気持ちをおさめる作用を持っている。
トンパ紙は歴史の変更に伴って、その製作工芸がほとんど失っている。1991年、雲南社科院トンパ文化研究所の鼓動と支持に従って、現代のナシ漢子と聖文は存続危機に瀕している「トンパ紙」の手作り工芸を救い、伝承し、「最後のトンパ製紙伝承者」となり、1991年改めてトンパ紙の生産を回復し、トンパ文化に対する発掘や研究、旅行製品がトンパ紙に対する需要を満足する。
WeChatでスキャンせよ
愉悦あふれる旅は ここからスタート