資源文化
古老なトンパ画は最も特色を持っているナシ族美術遺産


古老なトンパ画は最も特色を持っているナシ族美術遺産ナシ族が儀式をするときに、様々な仏神や人物、動物、植物及び妖魔鬼怪のイメージを描く必要、それに彼らを崇拝し祭り、これらの宗教活動にサービスする各絵画はトンパ画と称された。トンパ絵画芸術は象形文字経典が持っている5つの芸術品特性を持っていて、即ち貝葉経形式、優美な線、美しい色、動態表現及び特長獲得である。
トンパ画はトンパ文化の重要内容の一つで、木札画、カルタ画、布巻き画と経文画何種類ある。トンパ画の内容は主に古代ナシ族信仰していた神霊鬼怪や各理想世界を表現すること、そのなかにも古代ナシ族社会の各社会生活を反映する内容もある。
トンパ画のなかには、布巻き画の『神路図』が最も有名であった。
『神路図』は全長十四メートルで、幅は二十六センチメートルである。地獄、人間世界、自然天國、天國4つの部分に分けていて、画面の色が鮮やかで、人物造形が生き生きとして鮮明で、チベット仏教絵画芸術の影響を受けたと当時に、ナシ族伝統的な風格や特色を持っていて、まさにトンパ絵画芸術の珍品である。
『神路図』は主に葬式の時に死者や亡霊を済度する儀式に使う。死者や亡霊が地獄、人間、自然界、天堂など各段階を通る具体的な場面を描き、より高い文化芸術研究価値を持っている。
WeChatでスキャンせよ
愉悦あふれる旅は ここからスタート