資源文化
古城の夜に最も美しいことはナシ古楽に勝るものはない。

古城の旅の夜に最も美しいことはナシ古楽に勝るものはない。
半世紀前に、麗江で旅行し宿泊しているロシア人のコピトはその『忘れられた王国』の本に、真に迫っているように古楽の気持ちを述べた:「僕はこんなに重い輝かしく、平和で柔らかいゴングの声を生まれれから初めて聞いた。その声の響きに伴って、部屋はまるで揺らし始めるのように、それから楽師たちは急に立ち上がり、その中のひとりの長者は天然の声で神聖なる詠唱を歌い始めた。......こんな音楽は生粋の中国古典音楽で、時空を越え、まるでこの楽土を描いていたのように;ここではこんなに静かで、居心地良い;消えない平和、大同を有している。」
ナシ古楽は幅広く流行しているナシ族の民間古典音楽で、「中国音楽の活化石」と称された。明清朝の時に麗江に伝来した中原道教洞経音楽が演奏技法や曲の処理にナシ族の風格と結合してから、「ナシ古楽」と称された。

WeChatでスキャンせよ
愉悦あふれる旅は ここからスタート