資源文化
ナシ族のレバダンス
レバダンスは一種のチベット族の影響を受けたナシ族の歌舞形式で、集団踊りとして、演出の時に男子が手で銅鈴を持ち、女子が手で柄太鼓を持ち、男女混合で出演する。レバダンスは一種の広場演出形式で、鼓と鈴が歌踊りのペースによって変化し、時には高揚で鈴と鼓が響、時には平穏で感情深く、鈴鼓が低く鳴らしている。レバダンスの雰囲気が熱烈で、雑曲や民間歌舞と伴い、ナシ族の人気民族歌舞である。レバダンスは普通の場合は、喜びの時や盛大な祝日の時に踊り、通常は村寨の広場や街の広い所で行う。
WeChatでスキャンせよ
愉悦あふれる旅は ここからスタート