玉龍の図説 ·氷川公園 下一篇    下一篇
玉龍観光スポット · 氷川公園
氷川は寒い区域で長年にわたって雪が積もって変質して生成された自然の氷体です。
氷川は大陸氷蓋と山岳氷川に分けられ、そのうち、山岳氷川が大陸型氷川と海洋型氷川に分けられます。
玉龍雪山の氷川は温帯の海洋型氷川に属し、海洋性季節風の影響を受けるため、積雪の消融量が大きく、氷は温度がわりに高く、底部での滑りは明らかで、運動はわりに速くて、さらに気候の変化に対して敏感に反応しているといった特徴があります。
玉龍雪山の全体では共に19本の近代的な氷川を発育していて、その中、一番大きな1本の氷川である「第一号白水」氷川(つまり氷川公園)は主峰の扇子峰の直下に位置し、全長2.9キロメートルがあります。氷川の端では多彩な氷のタリンで、日光の屈折により青緑色は現されるため、「緑色の雪 奇妙な峰」と称えられます。観光客はロープ・ウエーに乗ってはじめて氷川の公園に到着してこの奇観を鑑賞することができます。
スポットチケット ·氷川公園
WeChatでスキャンせよ
愉悦あふれる旅は ここからスタート